DTI光の最低利用条件について

DTI光は縛りの最低利用期間がないのが嬉しい!

DTI光回線の最低利用期間の縛りは?

 

DTI光回線の退会時に必要となる違約金や解約金はどれほどが発生すると思われますか?

 

光回線コラボレーションを新たな契約を結ぶと工事費が生じます。

 

DTI光回線においても新しい加入だと、初めの工事費がつきまといます。

 

さらには、優待価格や制約年月の縛りに付随して、

 

途中退会で違約金が用意されてるといった場合も。

 

 

そのためDTI光回線の解約金はどうであるか一まとめにしたというわけです。

 

 

DTI光回線はなんどき退会しても違約金・解約金はかかりません。

 

【退会時に掛かる可能性が高い出費】

 

  1. 優待価格や使用年月に伴っての解約金
  2. 工事費残債の一括要求

 

 

一般的に言うと上記が光回線の退会時にもたらされる解約金・違約金となります。

 

しかしながら、DTI光回線のケースでは、ちょっとばかり異なります。
システムは下記に整理しました。

 

 

  1. ⇒ 「優待価格・使用年月の解約金が存在しない」
  2. ⇒ 「工事費は一回払い出しだけ」

 

 

 

優待価格・使用年月の解約金が存在しない

 

【DTI光回線の解約金内容】

 

  1. 最低使用年月:ナッシング
  2. 解約金:お金なし

 

この点ぶっちゃけチェックしていまして度肝を抜かれました。

 

光コラボレーションじゃ非常に例外的となります。

 

最低使用年月と解約金がサッパリないです。

 

転居などのなりゆきで退会が必要だとしても、それほど気張らずに退会可能です。

 

異動過多のユーザーにはバッチリですね。

 

お得な金額でインターネットクオリティも良くて解約金だって設けられていないのですから。

 

 

 

 

工事料金は一回払い出しだけですから…退会時に工事費残債を払うことが定められてません。

 

新しい加入のケースでは、DTI光回線の工事料金は一回払いだけです。(※転用につきましては工事料金はかかりません)

 

DTI光回線は、分割払いが不可能です。

 

ということから、工事料金残債をあとから求められることが無い事を示しております。

 

 

 

しかし、ローンが不可能では、DTI光回線の欠点と言えますね。

 

※DTI光回線の現金払い戻しプレゼントの間に入れば、実際のところは工事料金が半額ぐらいになります。

 

 

 

DTI光回線の縛り(最低利用期間)と解約金の結論

 

ポイントとなるところ

 

DTI光回線においては、違約金・解約金はゼロ
新しい申し込みの工事料金は、一回払い出しだけですので
それの入れ代わり現金払い戻しプレゼントを付加されて、出費額を小さくできる」

 

 

解約金が一切合財無い光コラボレーションといった結論でありました。

 

転居が多いユーザーとすれば、相応しい光コラボレーションになります。

 

工事料金は、DTI光線の現金払い戻し期間内に加入すれば、出費を抑えられます。

 

工事料金が困りものなユーザーは、プレゼントをうまく使いましょう。

 

 

 

 

超初心者がアドセンスでつまづく典型的なポイントとは?

アドセンス超初心者が稼ぐコツまとめ

 

 

関連ページ

DTI光のサポートは?
光回線のDTI光ですが、そのメリットとは何でしょう? 実はDTI光には、他の回線にはないオリジナルのメリットがあったのです。DTI光に間して、あまり詳しくない方には、目からウロコの情報です。ぜひ、参考にして下さい。
DTI光の解約金は0円
昨今の光回線業者は、ほとんどの会社で、最低利用期間という契約条件が付きものです。2年とか、3年とか・・・。これだけ、加入し続けてくれたら、割り引きしますよ〜、というプラン。もし途中で解約すれば違約金がかかります。ところが解約金がかからない のがDTI光なのです。